30代で正社員が決まらない【派遣社員の苦労】

30代で正社員が決まらない【派遣社員の苦労】

転職エージェントみっちーです。

 

 

【30代で正社員採用が決まらない】シリーズ

 

今回は【派遣社員の苦労】という事について紹介します。

 

それでは早速いってみましょう。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

目次

 

1、これまでの雇用形態をとがめられる

 

2、いかにして経験を伝えることが出来るか?

 

3、まとめ

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでの雇用形態をとがめられる

『これまで派遣社員として就業されてきたようですが、何か理由があるのですか?』

 

 

正社員の面接だけでなく、人材紹介会社や派遣会社での登録会、派遣での企業との顔合わせでも、上記のように雇用形態に関する質問をされる事が多々あります。

 

 

私個人の意見を言わせて頂くと、これまでの雇用形態なんか関係無いと思いますし、本当に余計なお世話だと思うのですが実際の転職現場ではそうもいかないのが実態です。

 

 

これまで就業してきた企業ので雇用形態を1社ずつ、すべて確認される時もあります。

 

 

過去に正社員として働いた経歴があっても、直近の雇用形態が派遣社員だとマイナスに評価されます。

 

 

様々な事情から、意識的に派遣社員として働いていた人もいるでしょうし、正社員で働きたいと思いつつも、その機会に恵まれずに派遣社員として働いていた人もいるでしょう。

 

 

その事情はさておき、転職活動において派遣社員として働いてきた経歴はマイナスに作用することはあってもプラスに作用することはまずありません

 

 

正社員になれない何か理由があるのでは?

 

 

と思われてしまうのです。

 

 

その中でも特に、30代で正社員経験が無い場合は更に厳しい目で見られる実態があります。

 

 

30代で正社員経験が無い。この人は今まで何をやってきたんだろうか?

 

 

というような疑問を持たれてしまいます。

いかにして経験を伝えることが出来るか?

とはいえ、これまでの経歴を変えることは出来ませんから、何とかするしかありません。

 

 

これまでの雇用形態は本当によく見られるので、それによってなかなか仕事が決まらない事態がよく起きると思います。

 

 

ですが、間違っても経歴詐称するのは止めてくださいね?発覚した後で虚偽記載したとして、懲戒解雇になった例も実際にありますから。

 

 

経歴が派遣社員しか無くても、やるべきことは変わりません。

 

 

これまでの経験をどのようにして活かすことが出来るのか?

 

 

これをしっかりと伝える事です。

 

 

応募する求人案件の内容と関連のある経験をひねり出し、

・いかに応募する企業の力になれるのか?

 

 

・なぜその企業で働きたいのか?

この2つをしっかりと履歴書と職務経歴書の中で伝えることが大事です。

 

 

できれば、これに加えて

 

 

・将来的にどのように成長していきたいか?

 

 

という事も書ければいいですね。ここでいう将来的とは、あくまでもその企業の中でどうなっていきたいのか?ということを書かなければいけませんからね。

まとめ

今回のまとめです。

 

 

●転職活動において、派遣社員として働いてきた経歴はマイナスに作用することはあってもプラスに作用することはまずない

 

 

●経歴詐称は発覚後、懲戒解雇になった例もあるので絶対にやらない

 

 

●正社員経験が無くても、やるべきことは同じ。【これまでの経験をどのようにして活かすことが出来るのか?】これをしっかりと応募書類の中で伝える

 

 

●これまでの雇用形態が原因で仕事が決まらない事はよくあるので、そういうものだと受け入れて転職活動することが大事

 

 

今回は以上です。

 

 

ご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

リクルートエージェント:総合人材サービス領域の巨人・リクルートグループの転職エージェント(人材紹介)サービス